採用情報

イゲタサンライズパイプってどんな会社?

  • 化学プラントで
  • 製鉄所で
  • 産業機械に
  • 建設現場で
  • 自動車に
  • 造船所で

さまざまなパイプ、配管機材を提供する専門商社。
私たちの活躍フィールドは、これからますます大きく広がります。

世の中は、たくさんのパイプや配管機材でつながり、はじめて機能しています。
イゲタサンライズパイプは、パイプ・配管機材の専門商社。
必要としている人々のもとへ質の高い製品を円滑に、確実に届けることで、快適な現代社会づくりに貢献しています。あなたも、私たちと一緒に大きなやりがいを実感してみませんか?そのやりがいは、あなたの幸せな未来へも確実につながっています。

化学プラントで

石油精製、石油化学のプラントに数多く納入されています。中には危険な薬品を取り扱っているプラントも存在するため、その場合は特に品質が重要視されます。数多い事業領域の中でも、お客様のニーズをしっかり把握することが必要です。

化学プラントで
製鉄所で

無数のパイプが入り組んでいる製鉄所。主に蒸気やガスを流す配管部分に使われています。特長は、耐久性はもちろんのこと、長さに対応できること。精度の高いパイプが数キロメートル単位で必要となることもあります。

製鉄所で
産業機械に

多くはクレーンやショベルカーといった建機のシリンダー部分やキャタピラー部分に使われています。求められるのは真円度。長くてもたわまず、円を保てることが重要です。

産業機械に
建設現場で

地面に打ち込めば建物の基礎として使える「鋼管杭」と呼ばれる特殊なパイプが注目されています。耐震性という点で、今後、さらに需要は高まると考えています。それ以外に、空調の配管や立体駐車場のスプリンクラーなどがメインとなります。

建設現場で
自動車に

マフラーなどはもちろん、フレームやバンパーなどの補強材としてもパイプが使われています。EV、HEVなど駆動システムの変化に合わせて、ますます軽量性が重視されています。

自動車に
造船所で

タービンまわり、特に、そこから発生する蒸気を通す配管部分に多くの鋼管、配管機材が使われています。

造船所で
多様なニーズに素早く、的確に。お客様のすぐ側で、存在感を発揮しています。

私たちイゲタサンライズパイプは、鋼管と配管機材、つまりパイプ・バルブ・継手といった商品を取り扱う専門商社です。2004年に、日鉄住金物産グループの関連企業3社が統合し設立されました。それまで、各社ごとに販売してきた各種商品を総合的に取り扱い、切断・加工機能を備え、お客様のニーズに対し迅速にまた的確に応えられる体制を整えました。
また、世界標準の品質国際規格であるISO9001を取得することにより、品質管理を徹底し、その総合力は業界トップクラスの評価を得ています。また環境面でもISO14001を取得し社会に貢献しています。
さらに、支店・営業所・倉庫など全国に拠点を持ち、取扱商品アイテム数は数万点にのぼります。それら商品を常時ストックし、受注→納品→回収に至る営業業務全てをコンピュータで一元管理しています。
今後も、これまで以上に存在感を発揮すべく、海外メーカーからの仕入も積極的に推進し、商品ラインナップの充実、競合先との差別化を図り、お客様にとってなくてはならない存在となるために、さらなる進化を目指し続けます。